恋愛でも地方創生の時代到来か、Uターン・Iターンが出会いをもたらす理由

一度離れた地元に帰るUターン、気に入った地方に移り住むIターン。

地方が人口減少と少子高齢化に苦しむこの時代。

若者が移り住みやすい環境を整えて地域を活性化させる地方創生に国は力を入れています。

自然に囲まれゆとりある生活が実現できると評判のUターン・Iターンですが、実は恋愛という観点からも注目を集めています。

出会いを求めてのUターン・Iターンもアリ、なぜ地方での出会いが上手くいくかを説明しましょう。

ライバルが少ない

地方での出会いが成功しやすい理由として、単純にライバルが少ないという事実があります。

地方では若い男性が過疎化で不足しており恋愛のライバルとなる相手が少ないのです。

都会ではライバルが多すぎてなかなか手が出せないような美人な女性でも、地方ならばライバルが少なくゲットしやすい状況です。

恋愛が成功して結婚・家庭づくりにまで進むと少子高齢化防止にもつながるので、周囲も恋愛を応援してくれやすい環境です。

恋愛が成功しやすい環境が地方にはあります。

良いイメージが味方

都会からUターン・Iターンしてきた男性は、地方に住む女性にとってあこがれの存在。

都会のおしゃれなお店や美味しいお店を知っており華やかなイメージを持たれます。

それだけでなく、自分の地元についても愛着を持ってくれるUターン・Iターン男性は好感度が高い存在です。

地方と都会どちらかの狭い世界しか知らない男性よりも、都会の華やかさと地方のゆとりの二つの良さを知っている方がイメージが良くなります。

Uターン・Iターン男性は良いイメージが味方してくれるので、非常にモテやすい存在です。

都会の女性もターゲットに

若い女性も地方には少ないのでは?という指摘もありますが、そこは心配ご無用。

Uターン・Iターンをした男性は、地方の女性だけでなく都会の女性たちからもモテる存在なのです。

若い女性はエコな生活やゆとりある生活への関心が高く、行動力があるので地方移住にも男性に比べ積極的
結婚してお嫁に行くという想定もしているので、恋に落ちたら都会から地方に移住してくることにも抵抗が少ないのです。

地方だけでなく都会の女性も恋愛のターゲット。

地方は若い女性が少ないから出会いが少ない、は思い込みに過ぎないのです。

出会い目的のUターン・Iターンの何が悪い

Uターン・Iターンの話題になると、商店街を活性化させたいとか新規就農で農業に新しい風を送りたいと意識が高い話題になりがちです。

それはそれで素晴らしい。

しかし、出会い目的のUターン・Iターンの何が悪いんでしょうか。

人生にとって出会いは非常に重要です。

出会い目的のUターン・Iターンだっていいじゃないですか。

素敵な出会いがあるのならば、地方に行くことだって悪くないですよ。

関連記事